住宅はキッチン横にダイニングスペース!

個人的な好みもあるのですが、一戸建て住宅のキッチンの後ろにダイニングスペースを設けるのはやめた方がいいと思うんです。昭和の時代の場合ですと、キッチンの後ろにダイニングテーブルが設置されているのが当たり前なことだったとは思うのですが、しかしこの配置はあまりよろしくないと思うのです。

なぜなら、食事をしているところにキッチンが目に入ってしまうからです。まあ、この部分は個人の好みによるところが大きいとは思うのですが、私はイヤなのですよね。実家がキッチンの後ろにダイニングスペースがあるタイプだったのですが、キッチンがごちゃごちゃしている光景が目に入るとなんか落ち着けませんからね。「片付けなきゃ!」と、思ってしまい、かといって片付けをしていたらごはんが冷めてしまいますしね。なので我慢するしかないのですが、けれどなんとも落ち着かなくって…。

それで私は家を建てる際には、キッチンの横にダイニングスペースを設けたのです。キッチンとダイニングスペースが近いに越したことはありませんので。ただし、キッチンの後ろですと、キッチンが目に入ってしまいますので、そこで「キッチン横にダイニングスペース」という選択なのです。これで良かったと思っています。