一戸建ての家を購入する際に検討すべきこと

一戸建ての家を購入する際に最初に考えたことは住まいの環境です。
日常の買い物をする場所が近くにあるか、子供の学校が近くにあるか、病院や銀行などの位置、及び交番や消防署の場所の確認です。
そのうちで条件が合わないところは我慢できるかどうかです。
次に間取りです。家族4人で暮らすのに十分場間取りであるかどうかです。希望は4LDKでしたのでその条件で探して満足が得られた物件を見つけることができました。

日常の買い物を行う場所がまだなくて団の中心にスーパーマーケットの進出予定地だけがありましたので、当初は休みの日に車で30分かけて最寄りのスーパーマーケットでまとめ買いをすることとして妥協することにしました。
なかなか予定地に進出する会社が決まらずやきもきしましたが、家を購入してから1年後くらいにやっと進出するスーパーマーケットが決定し、その後数か月後に開店したときは、うれしくなりました。
やはり同じ団地にスーパーマーケットがあると非常に便利で安心です。

家の間取りも大事ですが、暮らしていく中でいちばん大事なのは環境ではないでしょうか。安心して暮らすために考えてみてください。