私達が、理想の一戸建てにたどり着くまで

家を購入する際に重要視したことの1つは、立地条件です。
以前に住んで居た住宅は、北向きで住宅密集地でありましたので、日中でも一階は室内電気を付けないと暗い状態でした。
また、夏は涼しいのですが、冬はかなり寒く、ストーブをつけてもなかなか暖まらない、消すと一気に冷え込むといった過酷な状況でした。
次は暖かい家に住みたい!は絶対条件でした。

この条件を実現させるために行ったことは、とにかくいろんな情報源を駆使して、販売されている土地や住宅の情報をあつめました。
内覧できる物件でしたら、積極的に内覧会に参加して、日中の状況や、立地条件を確かめに出向きました。
チラシなどに書いてある情報では、意外に予想しているよりも悪条件である物件もありましたので、やはり、実際に見てみるというのは重要だと思います。
後は、担当の方に、具体的にどこまでの条件を、希望しているのかを伝えることも大事だと思います。

土地や家屋との出会いはある意味運命であると、ある担当者さんから言われた事があります。希望の条件の物件がなくても、諦めずに探されることをオススメいたします。

One Reply to “私達が、理想の一戸建てにたどり着くまで”

Comments are closed.